化学だいすきクラブ

家庭でトライ!! 備長炭で電池を作ってみよう!

バーベキューや焼き肉で使う「備長炭」と「アルミホイル」を使って電池を作ろう。

この記事を書いた人: 柏 恭子
桜美林高等学校

準備するもの

プラスチックのコップ,食塩水,備長炭(長さ約10cm),キッチンペーパー,アルミホイル(幅25〜30cm),電子オルゴール
  • プラスチックのコップ
  • 食塩水*1
  • 備長炭(長さ約10cm)*2
  • キッチンペーパー
  • アルミホイル(幅25〜30cm)
  • 電子オルゴール*3

*1 コップ半分の水に食塩を加え,よくかき混ぜて,食塩水をつくる。かき混ぜても底に残るくらい食塩を加え,なるべく濃い食塩水にする。

*2 ホームセンターなどで購入できる。

*3 ネット販売などで,1個200円程度で購入できる。

実験操作1

キッチンペーパーを食塩水に浸す。

キッチンペーパーを食塩水に浸す。

実験操作2

実験操作1のキッチンペーパーを軽くしぼってから,備長炭の先が約2cm出るように包む。

実験操作1のキッチンペーパーを軽くしぼってから,備長炭の先が約2cm出るように包む。

実験操作3

実験操作2のキッチンペーパーが約1cm出るようにアルミホイルで包む。

実験操作2のキッチンペーパーが約1cm出るようにアルミホイルで包む。

<注意>アルミホイルと備長炭が接触しないようにする。

実験操作4

電子オルゴールにアルミホイルの導線をつなぐ。アルミホイルを幅25〜30cm×長さ約3cmに切り,写真のように電子オルゴールにつなぐ。

電子オルゴールにアルミホイルの導線をつなぐ。

アルミホイルを幅25〜30cm×長さ約3cmに切り,写真のように電子オルゴールにつなぐ。

実験操作5

実験操作4のアルミホイルの導線と実験操作3の備長炭を,写真のようにつなぐ。電子オルゴールの赤いコードを備長炭(正極)に,黒いコードをアルミホイル(負極)につなぐ。両方ともしっかりつなぐと音楽はきれいに聞こえる。

実験操作4のアルミホイルの導線と実験操作3の備長炭を,写真のようにつなぐ。

電子オルゴールの赤いコードを備長炭(正極)に,黒いコードをアルミホイル(負極)につなぐ。両方ともしっかりつなぐと音楽はきれいに聞こえる。

<アドバイス>音楽がよく聞こえないときは,備長炭をアルミホイルの上からしっかりとにぎる。

解説

炭には小さな孔がたくさんあり,酸素などを吸着しやすくなっています。

特に電池に向いている炭は,備長炭です。アルミニウムは,食塩水を含んだキッチンペーパーと接触しているため電子を出しやすくなります。アルミニウムから出た電子は,導線→電子オルゴール→導線と流れ,炭の孔に吸着された酸素に受け取られます。

PDFダウンロード

化学だいすきクラブニュースレター第31号(2015年10月20日発行)より編集/転載

先頭に戻る