化学だいすきクラブ

実験にトライ! 大きなマシュマロを作ろう!

美味しいマシュマロを大きくする実験をしてみよう。

この記事を書いた人: 宮本一弘
開成中学校・高等学校

準備するもの

準備するもの: マシュマロ,ポンプ付き真空保存容器
  • マシュマロ
  • ポンプ付き真空保存容器

手順1

マシュマロを真空保存容器に1/3くらい入れる

マシュマロを真空保存容器に1/3くらい入れる

手順2

容器にふたをして,ポンプで中の空気をぬく

容器にふたをして,ポンプで中の空気をぬく

手順3

マシュマロが大きくなり,容器いっぱいになる

マシュマロが大きくなり,容器いっぱいになる

手順4

ふたを開けるときは,容器の中に空気をいれる

ふたを開けるときは,容器の中に空気をいれる

実験の解説

真空保存容器に付属のポンプをセットし上下に動かすと,中の空気をぬくことができます。ふわふわしたマシュマロの中には小さな泡がたくさんあり,その中に空気が閉じ込められています。真空保存容器のポンプを動かしマシュマロのまわりの空気をぬくと,マシュマロの中の空気がふくらんで泡が大きくなります。そのためマシュマロが大きくなります。

マシュマロの代わりにまだ開けていないお菓子の袋や,小さくふくらませた風船を入いれても,大きくなります。

マシュマロを大きくしたままで,ふたを開けることは出来ません。ふたを開けるには,空気を中に入れる必要があります。ところが,空気を中に入れると,マシュマロの大きさは元に戻ってしまいます。

PDFダウンロード

化学だいすキッズ第19号(2015年10月20日発行)より編集/転載

先頭に戻る